­
04月30日
2009年
posted by 川崎 寿 at 10:02 AM
「環境科学講座も今回から新年度!
気持ちも新たに勉強しよう!」

「は~い!」

「お~、元気がいいなぁ。とてもよろしい!
前回までの講義はバイオエタノールの話だったね。一時期は毎日のようにバイオエタノール関連の報道があったけれど、最近はかなり少なくなったね。」



「でも、環境問題や資源問題が解決したわけじゃないですよね。」

「そうだね。報道が少なくなった理由としては、世界経済が急速に悪化して日本経済もものすごく大きな影響を受けていることや、さらに衆議院議員選挙を間近に控えていたりすることもあって最近は経済や政治への関心が高まっていることもあるだろうね。

バイオエタノールについての最近の記事は少ないけれど、ブラジルでは2008年にバイオエタノールの販売量がガソリンを上回ったらしい。そのブラジルの会社が日本でバイオエタノールを販売するという記事もあったね。」

ところで、バイオテクノロジーによる環境にやさしいモノづくりは、バイオエタノールだけじゃないんだよ。」

「ホントですか!?」

「むしろバイオエタノール以外のモノの方が歴史があって、実際にいろいろな成果も挙げているんだよ。そして、これからの発展もすごく期待されている。」

「へぇ~!」

「アメリカやEUでは、再生可能な資源である植物などからいろいろな物質をバイオテクノロジーで作ろうという大規模なプロジェクトが進んでいるんだよ。」

「例えばどんなものを作れるのですか?」

「よく知られた例は、バイオプラスチック原料の乳酸だろうね。」

「乳酸って、乳酸菌の乳酸ですか?」

「そうだよ。」

「やっぱり~~~。」

「乳酸菌はヒトや動物の腸内に住んでいて、健康維持に役立っていることは有名だね。この“乳酸菌”というのは糖を食べてエネルギーを獲得する過程で乳酸を生成する微生物群の総称で、ヨーグルトだけじゃなく、チーズや漬物、日本酒やワインなどの食品を作る上でも役に立っているんだよ。」

「ヨーグルトだけじゃないんですね~。」

「そうなんだよね。
そして、乳酸は乳酸菌だけが作る物質ではないんだ。ヒトの筋肉などでも運動時に乳酸が蓄積することは聞いたことがあるかもしれないね。」

「ありま~す!」

「乳酸を構造式で示すと、下の図のようになるんだ。

090427nyusan

「構造式なんて。。。バイオでも必要なの~?」

「生物を構成している物質や生物が作る物質も化学物質だから、その性質を理解するために構造式は大切だよ。

構造式から分かるように乳酸は炭素が3つのカルボン酸で、カルボキシル基の炭素から数えて2番目の炭素にヒドロキシ基がついているので、2-ヒドロキシプロピオン酸というのが正式な名前なんだ。ヒドロキシ基とカルボキシル基があるから、分子間のエステル結合で重合するんだ。」

「それでバイオプラスチックができるんですね。」

「そうだね。
さっき言ったように、アメリカやEUではエタノールや乳酸以外にもいろいろな物質を植物からバイオテクノロジーで作ろうというプロジェクトが進行中なんだけれど、これは今まで石油に頼ってきたものを植物由来に変えようというくらいの大きな変革を目指したものなんだよ。石油から作りやすいものと植物から作りやすいものは違うから、植物から作りやすいもので役に立つ可能性があるものは何なのかという調査が行われている。

アメリカのエネルギー省の調査が有名で、これは公開されているんだけれど、トップ30品目やトップ12品目が挙げられている。この中の多くのものはまだ製造方法が確立されていないんだ。だから、きっと世界中の大学や企業で研究が進められているんだろうね。」

「環境問題や資源問題の解決に貢献する夢のある研究ですね。」

「そうだね。ただ実際には、いくら儲かるかという面もあって理想論ばかりの世界でもないねぇ。」

「僕は儲ける方に興味ありま~す!だってお金欲しいもん!」

「私は環境問題や資源問題の解決っていう方がいいなぁ。」

「まぁ、動機はどちらでも良いけれど、研究対象として取り組む価値があるものだと思うよ。」

「そのような研究をやりたいで~す!」

「私も~!」

「先生の研究室に行けば、そういうテーマで研究ができますか?」

「もちろん。研究室の中心テーマだよ。」

「それでいくらくらい儲かりますか?」

「さあねぇ、それは秘密だよ(笑)。でも、2,3ヶ月で簡単にできるもんじゃないよ。」

「なぁ~んだ。じゃ、ヤメた。」

「おいおい。
まぁ君達が研究に本格的に取り組むのはもう少し先のことだろうから、まずは勉強してよく考えて。次回はちょっと歴史を振り返って、バイオテクノロジーによるモノづくりの成果やその中での日本人の大きな貢献をみていくことにしよう。」

次回は環境科学講座第12回へ続く 



  • 化学講座
  • 生物講座
  • 物理講座

タグ
カテゴリ 物理講座, 環境科学講座

本講座に関連する記事