­

高分子材料デザイン研究室:宮坂 誠


主な研究テーマ

  • 外部刺激に感応するキラル高分子の合成と機能
  • クロミズム現象を組み込んだ高分子材料の開発


研究室の概要

当研究室では広い意味での高分子を基盤材料に用いて、新しい光・電子機能材料の開発を目標とした研究を行っています。特に、光学・電気・磁気特性といった機能性を付与した高分子の構築と、その機能の発現を外部刺激(例えば光、熱、pHなど)により制御できる新規機能性材料の探索と新現象の発見を目指しています。有機化合物の大きな特徴は、分子の構造をデザインできることであり、分子構造を最適にデザインすることで様々な機能を発現する化合物を作り出すことが可能です。研究は、ターゲット物性を発現期待できる分子設計(デザイン)から合成(組立)、物性評価(測定)という流れで取り組んでいます。



  • π共役高分子
  • クロミック材料
  • キラル


研究&研究室 フォト

図1
図2
図3