­

合成有機化学研究室:篠崎 開


主な研究テーマ

  • 非金属酸化剤の有機合成への応用
  • Diels-Alder反応を利用した多環式化合物の合成
  • マイクロ波を利用する有機合成
  • 有機金属触媒を用いる環境調和型反応の開発(山本担当)
  • フッ素の特異性を活かした有機分子触媒(山本担当)
  • 高反応性官能基を損ねない官能基選択的分子変換反応(山本担当)



研究室の概要

篠崎 開 教授
山本 哲也 助教
合成有機化学は、人類に有用な物質を創る反応の開発に主眼が於かれていました。しかし現在では「安全に、無駄なく、資源を有効に利用し、必要な量を造る」そのような合成プロセス、技術の開発が同時に求められています。

このようなグリーンケミストリーの観点に立ち、非金属酸化剤である超原子価ヨウ化合物酸化剤の開発、フランを用いる分子内Diels-Alderを利用した多環式化合物の合成、マイクロ波を利用する有機合成、水中でも利用可能な有機金属触媒や再利用可能な有機分子触媒の開発(山本担当)などの研究を行っています。



  • 超原子価ヨウ素
  • 分子触媒
  • Diels-Alder反応
  • マイクロ波合成
  • 有機金属化学
  • プロセス化学



研究&研究室 フォト

ヨウ素存在化の過酸化水素の反応
ヨシリカゲル表面での反応