­

カリキュラム


環境化学科の学びのポイント

化学を中心に複合領域、新分野へ

環境化学科は化学を中心としながらも、生物や物理などとの複合領域も多彩に取り入れています。
そもそも地球環境の問題は、一(いち)学問分野で解決できるようなものではありません。
ここで学ぶ学生は、化学を主軸とするものの、視野はそこに留まらず広く物事を捉えられるように教育されます。



就職をサポートするキャリア支援科目を実施

環境化学科では二年次で実践性の高い内容をワークショップ科目として開設しており、早いうちから実践の重要性を感じ取ってもらうと同時に高い技術力と実行力を養成します。また、三年次以降では環境化学総合演習I,IIを配当し、就職担当教員や学科OB・OGを交えて就職活動の実際を学び、就職に対する具体的なイメージを身につけてもらいます。



環境化学科の柱となる4部門

環境化学科では、「環境化学」、「生物工学」、「機能性高分子」、「環境材料工学」を四つの柱として教育・研究を進めています。






環境化学科の専門フィールド

環境化学

人類の営みとともに地球環境に放出される有害な化学物質の発生量を制御するための化学合成法やプロセスを学ぶとともに、放出された化学物質を分析する方法についてを身につける科目群。

生物工学

バイオテクノロジーを利用した再生可能資源からの有用物質の生産技術、環境負荷の小さい生産技術、汚染物質の除去技術等の開発をめざし、これらに必要な生物化学的な方法を身に付ける科目群。

機能性高分子

重金属汚染を検知して除去する高分子、自然に自己分解して土にもどる生分解性材料、空気中の二酸化炭素濃度を減少させるのに役立つ仕組みの中心となる材料など、これら機能性高分子の合成や物性さらに機能をテーマとする科目群。

環境材料工学

環境汚染度のセンシングや環境をリアルタイムで監視するための手法やセンサー、さらにそれを用いる材料など幅広く網羅。環境問題を解決する上で必要な化学以外の学問分野が学べる科目群。