­

学生生活

環境化学科での4年間の学生生活




「環境化学科」で学ぶ


私たちの社会は、今や生活に役立つもので溢れ、大変豊かになりました。

しかし、それと同時に資源は減り、地球環境も悪化の一途を辿っています。

私たちがこの後も安心して生きていく為には、環境を意識した技術の進歩が必要です。

「環境化学科」では、化学やバイオの技術を利用した、
原子(アトム)の視点で地球と技術発展に貢献できる実践的な学問を学びます。





1年次


専門分野に入る前の基礎を学びます。
高等学校で習う内容と一部重ねながら、無理なく段階的に講義は進みます。 

学習サポートセンターの利用で安心できる学習をサポートします。



学習サポートセンター
化学は得意だが、物理や数学はまだ十分でないという人のために、
ここでは補習や一人一人の質問に対して細かに対応しています。
気軽に訪ねて苦手を克服して下さい。



1年次の科目例

環境科学、化学Ⅰ、化学演習Ⅰなど








2年次


基礎力がつくと、徐々に専門分野の科目が配当されます。
まだ、社会における実践性のある内容とまではいきませんが、そのための一段
高いレベルの基礎学力と考えていただければよろしいでしょう。

2年次の科目例

有機化学Ⅰ・Ⅱ、物理化学Ⅰ・Ⅱ

生物学、環境分析学、物理化学演習など









3年次


社会に出てすぐに必要となる専門科目を集中的に学びます。
また、希望する学生にはインターシップ制度が用意されており、将来設計に役立てられます。



インターシップ制度

自分の進むべき方向がなかなか見えてこないという人が増えています。
3年次で実際に企業で仕事を体験してみましょう。

そこで何かをつかんでくる人が多いのです。
ここでは、そのお世話をします。



3年次の科目例

環境適応物質学、生体高分子工学、環境無機化学など








4年次


教員の研究室に配属し、最先端の研究テーマを学生自らの手で、
教員の指導を受けながら、1年間かけて進めます。
この機関に実践性が身に付き、卒業後に社会ですぐに役立つ素養もつくでしょう。

学生は学生支援センターなどから就職や大学院進学などの
進路指導や有用なアドバイスを受ける事ができます。



学生支援センター

奨学金の紹介や就職に関するガイダンスの開催や斡旋をします。
教員による学生アドバイザー制度により、学生一人一人の成績や進路の悩みに対して
こと細かに対応できるシステムになっています。









卒業


就職・大学院進学
本学の誇る高い就職力
アエラ、読売ウィークリーなどで称賛